LTEと高速無線通信の違いって?

LTE(次世代高速携帯通信規格)と高速無線通信。
両者の違いをざっくり言えば、携帯電話向けの通信規格か、パソコンやタブレット端末向けの規格か、という点。
携帯向けの通信規格は、そもそも外で通話をするために作られた規格。
一方の高速無線通信は、無線LANやWi-Fiなどと呼ばれ、Wi-Fiスポット周辺でのみ使用できる規格です。
LTEは国から許可を得た事業者だけが設置可能ですが、Wi-Fiは個人で自由に設置できます。
ちなみに、Wi-Fiに接続できるスマートフォンは、LTE、高速無線通信、どちらも利用することができます。
逆に、パソコンなどの端末は、スマートフォンを介することでLTE回線を利用しインターネットに接続することができます。

wimaxを使って感じた魅力

私は普段インターネットをする際には、wimaxを愛用しています。
wimaxは工事不要で非常にスピーディーに導入できました。
契約してから機器が届くまでもわずか数日でしたし、機器の設定も本当に簡単で無線なので配線要らずですし、手軽に利用をスタート出来ました。
wimaxは屋外でも通信の速度が速いですし、通勤中の電車やバスで移動している際にも接続は非常に安定しています。
外でもノートパソコンやタブレットでネット通信出来るようになったので、wimaxを使ってからは外出先での無線LAN探しに悪戦苦闘することも無くなり、ビジネスも捗るようになりました。
たくさん通信してもスマホと違って帯域制限も無いですし、接続の安定感も非常に良好でした。
ルーターの大きさもマッチ箱程度でとても薄型でコンパクトで、ポケットやバッグに入れても軽量で持ち運びは全く苦になりません。

wimaxを他所の通信業者と比較してみてわかった事実

モバイル・インターネットの代表格ともいえるwimaxですが、最近ではそのバージョンアップ版とも言えるwimax2+が標準となりつつあります。
そこで、当該企業との引き合いに出される他社を後者として、様々な違いについて比較してみました。
その一は、通信エリアが何処までサポートしているのかという事です。
まず前者は日本国内であれば既にある回線に加えてLTE接続も出来るので、結果として何処でも接続可能になったと言えます。
対して後者の通信業者はどうかといえば、こちらもLTEを利用したサービスが出来るので、こちらも通信エリアに関しては問題無しと考えて良さそうです。
その二は通信最大速度であり、前者はダウンストリームのマックススピードは220Mbpsと、光ファイバー線を凌駕するスピードです。
対して後者のダウンストリームは最大スピードは75Mbpsであるか、あるいは21Mbpsとなるので、どちらが優れているのは言うまでもありません。
その三は、使用されている電波の特徴です。
どの様になっているのかといえば、まず前者の場合は当該サービスの回線に加え、主に過去に利用されていたwimax、そしてある携帯電話キャリアの提供するLTE回線が利用出来るので、都合3回線分の利用が可能という事になります。
一方で後者は、屋内でも大概はインターネットに接続出来るというレベルなので、前者が圧倒しています。
その四としては、使用可能なプロバイダーの多さです。
後者は幾つかのプロバイダーしか利用出来ませんが、前者の場合は20社程度から選択出来るので柔軟性のあるプロバイダー選びが出来ると言えるでしょう。

wimaxに外出先でも簡単に接続できるモバイル端末。
ルーターに関してはここが詳しいです。
モバイルルーター

 

ちょっとした仕事ならスタバで済ましてしまう方かなり増えていますね。モバイルルータがあればスタバでもお仕事が可能。

スターバックス